劇団銅鑼公演№55

senpo_2020_tokyo_a4_omote_p(hp縮小版).png

 
作・演出 平石耕一
演出協力 山田昭一
  

  
 【日程・会場】終了いたしました
 2020年9月17日(木)~22日(火・祝)
 東京芸術劇場シアターウエスト(池袋西口)
 
 

 

第二次世界大戦中

多くのユダヤ人の生命を救った

ひとりの日本人がいた

彼の名は 杉原千畝

 


  後援/駐日リトアニア共和国大使館

   NPO法人ホロコースト教育資料センター

 
 

【あらすじ】
1939年9月1日 早朝、ナチス・ドイツは宣戦布告なしにポーランド攻撃を開始。第二次世界大戦の勃発である。
その頃、ポーランドには350万人ユダヤ人が住んでいた。
ヤンクルメンデルとその家族たちはナチスの手から逃れて、リトアニアの首都カウナスのアパートに潜むことはできたが、彼らを迎えたのは悪いニュースばかりであった。
各国の領事館は、ソ連の勧告通りに国外退去するため、早々と閉鎖していた。しかし、一つだけ手があった。まだ閉鎖していない日本領事館から通過ビザを発給してもらい、そのビザの効力でソ連を通過し、日本に渡り、第三国に行く道である。
ユダヤ人達は、日本領事館に殺到する。日本領事館ではソ連の国外退去の勧告に応じるため、出国の準備が始められていた矢先のことであった。
領事、杉原千畝(ちうね)は本国に電報を打つ。「ユダヤ人にビザを発給してよいか
しかし、日本政府の答えは「発給スルナ
ユダヤ人達は千畝に訴える。「タスケテクダサイ、センポ・スギハァラ」「コノコヲミゴロシニ、シナイデクダサイ、センポ・スギハァラ
そしてナチス・ドイツは、リトアニアにじりじりと接近してくる・・・。

【staff】

作・演出/平石耕一 演出協力/山田昭一

美術/内山 勉 照明/関 定己 音楽/寺田鉄生 音響/中嶋直勝

衣裳/山田靖子 舞台監督/村松眞衣 音声ガイド/早坂聡美 宣伝写真/宮川舞子

宣伝美術/山口拓三(GAROWA GRAPHICO)

制作/小関直人


【cast】

館野元彦   中村真由美   鶴田尚子   池上礼朗

  (杉原千畝)  (杉原幸子)    (サリュテ)    (フー)

説田太郎    横手寿男     馬渕真希   山形敏之

 (ボリスラフ)  (ヤンクル)     (ギタ)     (ヨセフ)

齋藤千裕    植木 圭    竹内奈緒子   宮﨑愛美

  (モイシェ)   (メンデル)    (チポーラ)  (シェイネ)

鈴木正昭    柴田愛奈    向 暁子    大竹直哉

  (デビット) (オランダ領事館員) (ドイツ将校)   (ドイツ兵)

 


 

 この度は、チケットをご購入いただきまして誠にありがとうございます。

新型コロナウイルス感染症拡大防止の為、以下のガイドラインを設けました。ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

出演者及び公演関係者に関しまして、稽古段階から十分な感染防止措置を講じ、検温を励行し、感染が疑われる者が発生した場合公演を中止し、速やかに医療機関及び保健所へ連絡し、指示を受けます。

なお、9月8日〜12日にかけて、出演者・スタッフ(受付含む)全員がPCR検査を受け、陰性であったことをお知らせいたします。

公演期間中も最大限の感染防止対策を遵守いたします。 

 

【お客様へのお願い】

下記の症状に該当する場合、来場をお控えいただきますようお願い申し上げます。

1)37.5℃以上の発熱がある方。

2)咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁、鼻閉、味覚・嗅覚障害、眼の痛みや結膜の充血、頭痛、関節・筋肉痛、下痢、嘔気、嘔吐等の症状がある方。

3)新型コロナウイルス感染症陽性とされた者との濃厚接触がある方。

4)過去2週間以内に感染が引き続き拡大している国・地域への訪問歴がある方。

 

【入場に際して】

入口に、サーマルカメラを設置致しましたので、検温にご協力ください。

以下の方は、入場をお控えいただきますのでご了承ください。

①検温の結果、37.5℃以上の発熱があった場合。

②咳・咽頭痛などの症状がある場合

 

1)マスク着用にご協力ください。

2)施設の入口にて、手指の消毒をお願いいたします。

3)咳エチケット、手洗い、社会的距離の確保にご協力ください。

4)会場入口や、チケット窓口の行列では、出来るだけ間隔(2m)を目安に空けて整列をお願いいたします。また、入場時のチケットもぎりの際は、来場者が自分で半券を切って箱に入れていただきますようご協力をお願いいたします。

5)館内でのご飲食はご遠慮ください。また、会話につきましても極力お控えいただきますようお願い申し上げます。

6)公演終了後は、社会的距離を保つため、エリアごとのご退場をご案内させていただく予定です。

7)花束、プレゼント、差し入れ等はご遠慮ください。

8)終演後の俳優とのご面会はご遠慮いただいております。

9)万が一、劇場にて感染が発生した場合に対応出来るよう、ご連絡先が把握出来ていない方に関しては、緊急の場合のご連絡先を伺わせていただきます。(お客様のご連絡先に関しては、個人情報の保護に務め、感染者が発生した場合等、緊急の場合を除き使用いたしません。感染者の発生時など、必要に応じては、保健所等の公的機関へ提供させていただく場合がございます。)

 

【その他における対策】

・座席数を、通常の2分の1とし客席の左右を空けた配置といたします。

・座席の最前列席は舞台から十分な距離をとります。

・施設の入口に、手指消毒用の消毒液を設置します。

・ドアノブや手すり、テーブル、椅子等、不特定多数が触れやすい場所の消毒を行います。

・公演の前後に会場内の換気を行い、公演中も10分間の休憩を取り会場内の換気を行います。

・受付にはアクリル板を設置し、チケットの受け渡しや現金の取り扱いを出来るだけ減らすため、やむを得ない場合を除き、事前にチケットをお送りするようにしております。

・パンフレット・チラシ・アンケート等の配布はいたしません。(有料パンフレットの販売は行います)

・来場者と接触するような演出はございません。

・受付・場内係り・販売係りは、マスク及び、フェイスシールドを着用いたします。

 

 *上演時間は2時間15分(休憩10分含む)を予定しております。

どうぞよろしくお願いいたします。

2020年9月8日 劇団銅鑼

 
劇団銅鑼
〒174-0064 東京都板橋区中台1-1-4
tel:03-3937-1101/fax:03-3937-1103
Copyright © 2023 DORA THEATRICAL COMPANY.LTD. All rights reserved.
| Web by flowplus | built with concrete5 CMS.(concrete5は Concrete CMS, Inc の登録商標です) | |