ホーム > 劇団銅鑼とは

劇団銅鑼について&アクセスMAP

人々の暮らしに演劇がとけこみ 心豊かな人生の糧となること・・・それが私たちの願いです。

1972年の創立より、
劇団への皆様の暖かいご支援に心から深く感謝いたします。

私たちは「平和」と「人間愛」を求め、
「本当に人間らしく生きることとは何か」をテーマに創造活動を続けてまいりました。
この間、人々の生活は変わり、世界も大きく変わり続けています。
その中で様々な問題を抱えたこの現代にこそ、
本当の「演劇の力」が求められていると確信しております。

これからも演劇を通して豊かな文化に触れられる機会を
創り続けていきたいと考えています。

銅鑼の歩み

1972年 鈴木瑞穂・早川昭二など劇団民芸出身者を中心に演劇集団銅鑼を結成。
新劇の発祥である築地小劇場の開演時に銅鑼を鳴らしたことから命名。
出航の合図でもある。鈴木瑞穂が代表に就任。
1973年 杉並区永福町に稽古場を借りる。
第1回公演「二つの月曜日の思い出」を砂防会館ホールにて上演。
1975年 観客の目を通して銅鑼の作品を厳しく「たたいて」もらいたいという願いから「銅鑼をたたく会」が発足。
1978年 No.7「狐とぶどう」にて中学・高校での芸術鑑賞教室としての公演を始める。
1980年 演劇集団銅鑼から劇団銅鑼となる。
1981年 豊島区目白に稽古場を移転。
1982年 森幹太が代表に就任。
10周年記念公演としてNo.12「炎の人」-ゴッホ小伝-を上演。
1985年 板橋区熊野町に稽古場を移転。
1987年 15周年記念公演としてNo.16「燃える雪」を上演。
1989年 板橋区成増に稽古場を移転。
1991年 山田昭一が代表に就任。
1992年 20周年記念公演としてNo.19「センポ・スギハァラ」を上演。
1993年 20周年記念公演としてNo.21「橙色の嘘」を東京芸術座と共同で制作、上演。
1997年 板橋区中台に稽古場を移転。
25周年記念公演としてNo.25「池袋モンパルナス」などを上演。
2002年 30周年記念公演としてNo.30「はちまん」を上演。
2008年 35周年記念公演としてNo.37「はい、奥田製作所。」などを上演。
2012年 全国からのご支援により新稽古場建設。40周年記念公演としてNo.42「遺骨」などを上演。
2013年 佐藤文雄が代表に就任。

劇団銅鑼 所在地

〒174-0064 東京都板橋区中台1-1-4 印刷用地図
tel:03-3937-1101
fax:03-3937-1103    

<劇団銅鑼アトリエ>

その他のコンテンツ

 
劇団銅鑼
〒174-0064 東京都板橋区中台1-1-4
tel:03-3937-1101/fax:03-3937-1103
Copyright © 2017 DORA THEATRICAL COMPANY.LTD. All rights reserved.
| Web by flowplus | built with concrete5 CMS.(concrete5は Concrete CMS, Inc の登録商標です) | |